注目の投稿

2014年5月11日日曜日

ミンコタアウターチューブ交換

ミンコタのエレキはカーボンコンポジットシャフトで
しなやかさがあり、曲がっても復元するのが特徴ですが

限度を超えると、アウターチューブが曲がってしまいます



ミンコタのアウターチューブは年式によって
微妙に違うので、シリアルNOが必要














このぐらいの曲がりでも、インナーに干渉している様です















組み立て時、内部のネジには
ネジロックを使用
こういう内部にあるネジが緩んでくると
簡単には締め直しできません





0 件のコメント:

コメントを投稿