注目の投稿

2016年8月13日土曜日

オプティ プレーニングしなくなった

OPTI225
エンジンより異音がして、パワーが無くなってしまったとのこと

エアコンプレッサをばらしてみます
鉄粉とパルブ部分に異物が挟まってるのを確認できます
コンロッドのベアリングが破損
開ける前からシャリシャリ音がしてたので、予想はしてました
NEWコンプレッサ
黒い塗装がしてあって強そう
オイル供給位置が変更してあって
焼きつき対策品になってます
エア圧力を確認
OK

だが、冷却水の圧力が低い気がする
インペラが溶けてます
これでオーバーヒート気味になっていたのが原因かもしれませんね
コンプレッサの冷却もインペラからの冷却水で行ってます
インペラの下のガスケットも燃えていて
ベアリングキャリアも溶けて、抜けてます
大昔の3.0Lによくあった症状
排気温度が上がりすぎです

水中にあるギヤケースも排気ガスが熱すぎると膨張してこうなります
ベアリングキャリアも対策品に交換
これでもう大丈夫


0 件のコメント:

コメントを投稿