注目の投稿

2013年11月8日金曜日

ヤマハ200キャブ焼き付き修理

ヤマハ200馬力のスプリント

オカ沈してしまったそうなのですが、その後調子が悪いとの事

どうやら水没後の処理が悪く、エンジンブローしたみたいです












ガソリンタンク内の水分除去のため
タンク内のガソリンは全部抜きます












オイルタンクにも水がたっぷり
きっちり掃除します






















ばらしていきます










ピストンはまっぷたつ










シリンダーもキズキズ&かじり (画像紛失です すみません)


キズが浅い場合はホーニングで対応できますが、今回はキズが深い為

ボーリングしてオーバーサイズピストンを入れたいと思います

 




ボーリング終了、内燃機屋さんから帰ってきました


0.5mmオーバーサイズ
ピストンクリアランス0.106mm
さすがプロ綺麗なクロスハッチです





















ピストンリング、ガスケットはすべて交換



























合わせ面はガスケットを取り除き
面研します

















ボルトもサビ、汚れがあるので掃除しないとトルク管理が不十分になります


 
 






再利用のベアリング、ボルトは
元々の位置、向きも合わせるので
はずした時にキッチリ書いておかないと
分からなくなって後で困るハメに









では組んでいきます!





ただ組めばいいわけじゃなく
いろいろ細かいノウハウがありますよ













 

 






無事かかりました!
この瞬間はやっぱり緊張しますw



 

0 件のコメント:

コメントを投稿